2017年3月14日火曜日

3月度「自然談話会」のお知らせ

3月の「自然談話会」は、 先月に引き続き、弘前大学農学生命科学部生物学科、東信行先生の教室の学生さんたちによる『私たちの研究発表Ⅱ』です。
今回は日詰文太さんの「リンゴ園地帯のフクロウの生息環境の特徴」。全国的に有名な津軽平野のリンゴ園で繁殖しているフクロウですが、今回また新たな研究成果を発表して頂きます。

会員以外の方でも無料で参加できますので、お気軽においで下さい。

会場:弘前市民参画センター3階
日時:平成29年3月21日(火)19時~

2017年2月10日金曜日

2月度「自然談話会」のお知らせ (終了)

2月の「自然談話会」は、 弘前大学農学生命科学部生物学科、東信行先生の教室の学生さんたちによる『私たちの研究発表』。 例年地元の鳥を対象にフィールドワークを重ね、その生態についての研究成果を発表して頂いております。
今年は鈴木遥菜さんの「小川原湖のニュウナイスズメ」。小川原湖でスズメと同所的に繁殖しているニュウナイスズメについての研究をしていらっしゃいます。

会員以外の方でも無料で参加できますので、お気軽においで下さい。

会場:弘前市民参画センター3階
日時:平成29年2月21日(火)19時~

2017年1月7日土曜日

1月度「自然談話会」のお知らせ(終了)

今月の「自然談話会」は、本多里奈さんの「冷水沼コロニーの鳥たち」。

本多さんは、弘前大学農学生命科学研究科(修士課程)の東研究室で生物学を学ぶ大学院生さんです。いままでにも何度か自然談話会でお話しして頂いていますが、今回は学部生時代から研究対象としている冷水沼コロニーについて、鳥学会で発表した内容を中心に、お話を伺います。

会員以外の方でも無料で参加できる集まりですので、お気軽においで下さい。

会場:弘前市民参画センター3階
日時:平成29年1月17日(火)19時~

2016年10月9日日曜日

10月度「自然談話会」のお知らせ(終了)

今月の「自然談話会」は、当支部の松原による「カモの識別など」。

すでにガンやハクチョウ、そしてカモなども飛来し、冬鳥のシーズンになってきました。こうしたカモたちの名前がわかると、冬のバードウオッチングがもっと楽しくなります。7月にも弘前大学の笠原氏にカモ類のお話しをして頂きましたが、今回は青森で観察できるカモ科の鳥を紹介しながら、簡単な識別方法などについて一緒に勉強したいと思います。

会員以外の方でも無料で参加できる集まりですので、お気軽においで下さい。
尚、今月は会場の都合により、開催日がいつもの第3火曜日から水曜日に変更になっていますので、ご注意下さい。

会場:弘前市民参画センター3階
日時:平成28年10月19日(水)19時~

2016年9月5日月曜日

9月度「自然談話会」のお知らせ(終了)

9月の自然談話会は

9月20日(火) 19:00

 弘前公園内緑の相談所 集合 ~ 20:30 解散
       
「弘前公園夜の観察会 ~鳴く虫・夜の鳥~ 」小山信行支部長
懐中電灯またはヘッドライト等ご持参ください。


会員以外の方でも無料で参加できる集まりですので、お気軽においで下さい。

2016年7月6日水曜日

7月度「自然談話会」のお知らせ(終了)

今月の「自然談話会」は、笠原里恵氏による「カモのはなし」。

笠原氏は、この4月から弘前大学(農生、東研究室)に赴任し、野鳥の研究をしていらっしゃいます。弘前支部でも毎年行っているガン・カモ調査ですが、これらのデータを全国レベルで集計分析し、「日本で越冬するカモ類における全国的に見た雌雄の偏り」についての研究結果をお話し頂く予定です。

会員以外の方でも無料で参加できる集まりですので、お気軽においで下さい。

会場:弘前市民参画センター3階
日時:平成28年7月19日(火)19時~

2016年4月15日金曜日

4月度「自然談話会」のお知らせ(終了)

今月の「自然談話会」は、原星一氏による「アカモズ・チゴモズ・モズ・・・のはなし」。

Birder誌先月号(3月号)でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、「アカモズ/チゴモズ」記事の著者で弘前在住の研究者、原星一氏をお招きし、直接お話を伺います。

会員以外の方でも無料で参加できる集まりですので、お気軽においで下さい。

会場:弘前市民参画センター3階
日時:平成28年4月19日(火)19時~